青井宏之容疑者「中1女子誘拐、性的暴行」小池一夫氏の発言や謝罪から見える本当の問題点

 

原真輔容疑者「中1女子誘拐、性的暴行」小池一夫氏の発言や謝罪から見える本当の問題点

漫画「子連れ狼」「御用牙」「高校生無頼控」など多数の漫画原作者として有名な小池一夫氏がツイッターで誘拐された女児に対して批判するツイートを行い炎上、多数の批判が小池氏に寄せられ、謝罪する騒動に発展した問題ですが、出会い系サイト分析の専門サイトとしては、他の問題点も曝け出して、児童がネットで大人と出会い犯罪に巻き込まれない為にすべき事を考えてみたいと思います。 そもそもの事件とは…

ソース:日本経済新聞

岡山県警は21日、中学1年の女子生徒(13)を自宅に連れ込んだとして自称兵庫県赤穂市北野中の会社員、青井宏之容疑者(21)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。生徒にけがはなかった。

逮捕容疑は、岡山市に住む生徒に無料通信アプリLINE(ライン)で「日曜から来て」などと持ち掛け、7日午前10時ごろに同市内の路上で軽乗用車に乗せ、赤穂市の自宅アパートに20日まで連れ込んだ疑い。

2人は約半年前、出会い系サイトに生徒が「家出をしたい」と書き込んだことをきっかけに知り合った。県警によると、青井容疑者は「自宅で一緒に過ごしていた」と容疑を認めている。

先ず、相手が13歳と若いので、明らかに18歳未満だと分かったでしょうから、会うまえに分からなかったとしても、会ってからきちんとした対応をしていなかったと言う事で、青井宏之容疑者が1番悪いと言う事を前提にして書きますが、女児は「家出をしたい」と書き込んでいるだけあって、家にいたくない何らかの問題があった可能性もあると見えます。

子供は親や社会が守る事が当たり前ですので、13歳という年齢から考えても、それが出来ていなかった親や社会に問題がある訳で、「中1で男が欲しかったのか、お金が欲しかったのか分からないけど、中1で出会い系サイトで男と知り合う女の子は、もう女の子じゃない。女。しかも、倫理観も貞操観念もない女。」と言う内容は非常に不適切でしょう。

これについて小池氏は…

ソース:小池一夫オフィシャルブログ 家出中の中1女子が出会い系サイトに登録し、男に連れ去られた事件のツイートですが、ずいぶんたくさんの意見を頂きました。 皆さまの意見を読んで、僕の意見もずいぶん変わりました。変えさせてくれて、ありがとうございます。そして、意見が変わらなかったこともあります。

先ず、考えが大きく変わったのは、女の子はあくまで女の子であり、僕を含め「子どもは社会が守る」ことが前提であるという意識が欠落していたことです。

この様に、自分の考えが間違いだったと謝罪しています。ある程度、年齢を重ねた人が、この様に柔軟に考えを変えられる事は素晴らしいとは思います。女児の生活の背景まで考えた上での謝罪も行っています。しかし…

そして、最後まで変わらなかった意見は、「何があっても、女子中学生や女子高生は『出会い系サイト』等にアクセスするべきではない」という点です。連日、少女たちの被害が報道されますが、泣寝入りしている人も多いでしょう。

この様に、女児は出会い系にアクセスすべきではないと言う点ですが、ここも間違いで、アクセスすべきではない、危険な場所と言う事を親や社会がしっかり子供達に認識させる事が必要だと思います。サービスや物が悪いのではなく、それを使う人物が悪く、子供が相手なら使い方を教えない方が悪い。

もう1点、この文章で思う事は、「女子中学生や女子高生は」と女児だけに言及してある点です。男児でも性的暴行などの被害には遭います。ですので、ここは「子供は、18歳未満は」とすべきでしょう。

 

本当の問題点はどこにあるのか?

本当の問題点は児童が大人と出会えてしまっていると言う点にあります。例えば道端で声を掛けていたら誰かに見られたりして簡単にいかないかも知れませんが、ネット上では常に2人きりの状態を作れる事が多く監視も弱くなります。

だからこそ、出会い系サイトに関する法律が改正され、サイト運営者に対し利用者の年齢確認を義務にし違反すれば法律で罰せられる事になりました。更にサイト内の誰でも見える場所、例えば掲示板やプロフィールなどに児童との出会いを希望する内容など、児童との出会いに繋がる文言の削除も義務付けられています。

1.年齢確認

日経の報道も、小池氏も「出会い系」と言っていますが、これが出会い系なら、警察がその出会い系サイトの運営元に捜索に入り、正しく年齢確認を行っていたのか、児童との出会いを希望する内容になっていなかったのかを確認するでしょう。サイト側が適切に行っていなかったのなら、サイト側の運営者が逮捕されたり、営業停止にされます。

きちんと行っていたとするなら、女児が何らかの方法で不正に年齢確認の為の証明書を用意したと言う事になります。この場合考えられるのは、親や知り合いのを内緒で拝借したか、ネットに落ちている物を加工して使ったか。 出会い系に限らず、証明書を簡単に悪用出来る様にしておかない事が大切で、これをやっておけば、きちんとした出会い系サイトなら、児童がメッセージのやり取りを出来なくなります。

2.掲示板やプロフィール

掲示板やプロフィールに書かれる内容は、違反の書き込みがある場合は即削除されますが、サイト運営者側が怠慢な仕事をしている場合は削除まで時間が掛かる事もあります。メールと違い、この部分は年齢確認をせずに書き込みが出来るサイトが多数なので、そこを利用して連絡先交換などをしようとしている人はいます。これに対処していなかったのならサイト側の責任も大きいでしょう。

大手のサイトですと書き込みの数も膨大ですので、簡単に判別できる物はシステムで機械的に処理した上で、更に目視でサイト内の書き込みをチェックしています。法律を守る意思も無い悪質サイトなら分かりませんが、まともなサイトでは、これらをきちんと行っていれば児童と出会うのは難しいです。やっていないサイトを放置していたのなら警察の怠慢です。

3.SNSやアプリ、ID交換掲示板

児童との出会いで1番使われているのは出会い系ではなく、SNSやID交換掲示板です。出会い系サイトは法改正で法整備なされましたが、SNSなどアプリは抜け道だらけです。小池氏は出会い系を指摘しますが、大きな問題はこちらにある事を認識しておくべき。

簡単に色々な人と交流が出来るSNSですが、その為に児童とも出会いがしやすい。例えばSNSのメッセージ機能ですが、年齢確認せずに使えます。沢山の児童も使っているので、やり取りしようと思えば可能です。18歳未満のID検索が出来なくなったメッセージアプリでも、IDを使わずに児童と知り合うための抜け道はあります。大手ゲームアプリでも、簡単にメッセージのやり取りは出来ます。そもそも18歳未満の検索をオープンにしているアプリも未だに存在しています。

ID交換掲示板は検索すれば山ほど出てきます。これらは出会い系と何も変わりが無いのに規制は全く受けていません。

現代の児童の多くがスマホを持ち、SNSやアプリを使っているので、それらを使い出会いが簡単に出来る状態が本当の問題です。新たな時代に規制ばかりでは何も発展しませんが、児童を守る事に関しては出会い系と同様に何らかの措置を取るべきです。 大人たちが「出会い系が」「出会い系が」と的外れな批判をしている間にも事件は起きていますし、間違った認識を正し変えて行く事が必要だと思います。

ソース:朝日新聞

中学1年の女子生徒に性的暴行を加えたなどとして、岡山県警は2日、岡山市北区大内田の即応予備自衛官、原真輔容疑者(39)を強姦(ごうかん)などの疑いで再逮捕したと発表した。これまでに小学生1人に性的暴行を加えたり、中高生6人とみだらな行為をしたりしたとして逮捕・送検されている。原容疑者は「事実があるかないか言えません」と述べているという。

県警によると、再逮捕容疑は2014年11月、岡山市内で当時中学1年の女子生徒に性的暴力をふるい、画像を撮影した疑い。小学生女児に対する性的暴行と中高生の計5人に対する県青少年健全育成条例違反の罪などはすでに起訴されているほか、高校生1人に対する条例違反容疑などで追送検された。いずれもスマートフォンのアプリで知り合ったという。

最新の関連ニュースでもアプリを利用しています。児童を守るなら、どこにメスを入れるべきかは明らかです。

小池一夫氏の関連した他の発言(ツイート)

小池一夫氏の関連した他の発言(ツイート)で気になった物もありました。


これは、只のレッテル張りであり、日本でも世界でもネットを介して出会い、結婚する人は増えています。そもそもリアルな世界でも白馬の王子様とは限らない。

これも同様で只のレッテル張り。ネットの力を信じない物がネットの力を借りるとは…、。


これはあくまで、小池氏が生きてきた時代の価値観であり、現代の子供にもそれなりの遊び方もある。変わらないといけないのに、ついていけない大人が多くなったから、こういう事件が増えてくると思う。

自分の生き方が素晴らしかったのでしょうけど、これも自分だけの目線での語り。子供の時に集められなかった物、欲しくても変えなかった物を買えるようになって何が悪いのか分からない。異常に執着するからこそ、誰もが思いも付かない事を発見する事もある。


出会い系サイトを利用する人は「クズ」、出会い系サイトを利用する女は「売春女、魂まで売り渡す安売り女」と、出会い系サイト利用者にレッテル張りを行い一方的に誹謗中傷。出会い系サイトで話をして出会うのは悪で、ツイッターで仲良くなって出会うのは善なのか?

大人の認識が変わってこそ、社会は変わるし、一方的な価値観や目線でのレッテル張りがなくなってこそ、正しい議論が出来、いい方向に向かうだろうと思います。

 

出会える優良出会い系サイト一覧 2018年版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出会いSNS PCMAX(PCマックス) ハッピーメールバナー

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 迷惑メールなし高評価、評判の良い出会い系サイトまとめ
    迷惑メールなし高評価、評判の良い出会い系サイトまとめ 悪質な出会い系サイトに登録すると、山ほど…

人気の記事

  1. 中高年の出会い
    中高年の方の出会いの理由と言えば、先ず1番目に来るのが不倫目的、愛人作りなどでしょう。勿論中には、真…
  2. 即会い!出会い系サイトで即会いする方法と1時間後には出会える厳選サイト
    即会い!出会い系サイトで即会いする方法と 1時間後には出会える厳選サイト 男…
  3. 出会い系サイト評価口コミ
    優良出会い系サイト 評価・口コミまとめ一覧 出会い系サイトの評価・口コミを、あいうえお順で掲載して…
  4. 悪質出会い系サイト 評価・口コミまとめ一覧
    悪質出会い系サイト 評価・口コミまとめ一覧 出会い系サイトの評価・口コミを、あいうえお順で掲載して…
  5. 迷惑メールなし高評価、評判の良い出会い系サイトまとめ
    迷惑メールなし高評価、評判の良い出会い系サイトまとめ 悪質な出会い系サイトに登録すると、山ほど…
  6. 出会え無いプロフィールと掲示板内容まとめ
    出会い系サイトは顔が見えないから、自分の欲望や願望などを丸出しにしがちです。また、サクラなどの被害に…
  7. 出会える優良出会い系サイト一覧2014年下半期版
    出会える優良出会い系サイト一覧 2018年10月版 アド交換、即会いOK 2018年版、出会え…
  8. 出会える、出会い系サイトのランキング
    今、出会える出会い系サイトのランキングです。当サイトがきちんと実際に利用し、検証…

最近の投稿

ページ上部へ戻る